音信不通の悩みガイド | 理由や心理、対処法などを解説

音信不通の悩みガイド | 理由や心理、対処法などを解説

すぐ音信不通になる人の心理とは

あなたの周りには、急に前触れもなく音信不通になるような人はいないでしょうか。前触れがあるならまだしも、思い当たる理由もなく音信不通になると心配してしまいますよね。

 

ここでは、すぐ音信不通になる人の心理を探って行きましょう。

 

単に連絡無精?

連絡がマメな方にとっては、友達が1ヶ月も連絡してこないとなると、音信不通になったと感じてしまうかもしれません。彼氏や家族なら、1週間連絡が無いと音信不通になったと感じるのではないでしょうか。

 

ですが、世の中には単に連絡を必要としていない、連絡無精な方々も存在しています。この場合、その間あなたのことを一切考えていないというわけではなく、「どうしてるのかなー?」と思うことはあっても、用がないため連絡をする必要がないと思ってしまうのです。

 

こういう方に、特に相手が友達や家族の場合、連絡をしてみても返事がないこともあります。それは、緊急性がなかったり、返事が必要ないと判断されてしまった所為です。

 

恋人なら恐らく全く返信しないということは、どれだけ連絡無精な方であっても考えにくいですが、返信が遅くなる可能性はあります。
そして、その音信不通は何もあなたのことをどうでもいいと思っているから起こっているわけではなく、寧ろ信頼しているからこそということもあります。

 

このように、本当に連絡をするのが苦手だというだけの場合が、一番多いパターンでしょう。

 

何かの問題から逃げている

特に連絡無精というわけではない方が音信不通になる場合は、あなたとの間に起こった何らかの問題から逃げているということが考えられます。

 

その問題と向き合いたくないために、音信不通になることで問題を回避しようとしているのです。

 

ほとぼりが冷めたら連絡が来る場合と、お付き合いしている仲なら、自然消滅的な別れを狙っているという場合があるでしょう。別れ話をするのが面倒で、音信不通になっているということも有り得ます。

 

いずれにせよ、相手に音信不通になられて不安に思った場合は、あまりにもその期間が長ければその心理を直接訊いてみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク