婚約者と音信不通になる理由

婚約者と音信不通になる理由

婚約者と音信不通になる理由について

婚約までして、音信不通になったという経験がある方は、さすがにあまり多くはないでしょう。ですが、そういったケースもあるのは確かです。

 

なまじ結婚が決まっていただけあって、そういう形で音信不通になってしまった場合の心の傷は計り知れません。

 

ここでは、婚約者と音信不通になる理由をまとめてみました。

 

婚約破棄を考えている

人間はどうしても心変わりをするものですから、婚約をしたからといって、その後一生あなたのことを愛し続けるという確証はありません。
残念ながら、婚約をした後で気持ちが冷めてしまうということも有り得るのです。

 

こういった場合、社会常識がある方なら、きちんとお別れを告げるはずなのですが、まだ若かったり、問題から逃げ出す傾向のある方だと、音信不通という形で婚約破棄を図ります。

 

あなたの婚約者がこのタイプだった場合、そんな常識のない相手のことは忘れてしまった方が懸命でしょう。

 

マリッジブルーになっている

マリッジブルーとは、結婚が決まっている人が結婚生活に対し不安や憂うつ感を覚える症状のことです。女性に起こりやすいことで知られていますが、男性でもマリッジブルーになってしまう方もいます。

 

結婚が現実味をおびてくると、途端に怖くなり逃げ出したくなっているのかもしれません。男性にとっては、結婚を決めるということは、女性が結婚を決めるときよりももっと重圧を感じるものです。

 

マリッジブルーになったからといって、その時点ではあなたに冷めたというわけではありません。この間にあまり刺激するとますます逃げ出したくなるものですから、辛くても暫くは放置してあげることも必要かもしれません。その内ケロッと帰って来ることも十分有り得ます。

 

単に忙しいだけのことも・・・

婚約をしたといっても、特に頻繁に結婚式の準備などで連絡を取り合う必要がない場合、相手は仕事等で忙しいということも考えられます。男性は忙しいと、音信不通になりがちです。

 

仕事で忙しいということを知っているときは、諦めて相手を待ってあげましょう。この場合はその内連絡が必ずきます。

スポンサーリンク