音信不通になる理由:うつ病

音信不通になる理由:うつ病

音信不通になる理由:うつ病

音信不通になる理由としてうつ病というのは、大きな理由です。

 

うつ病は心の風邪といわれるように、大きく浸透してきています。そして、一度うつ病になると全てを投げ出してしまう形で音信不通になってしまう事があります。

 

うつ病は人間関係を切りたがる

うつ病になると人に依存してしまうタイプの人もいますが、完全に人間関係を拒みたいと思う人もいます。やはりうつ病の原因となるのは人間関係であり、そのややこしいものを全て取っ払って、一人だけの世界に籠りたいと考える人もいるのです。そうした人は一気に音信不通になってしまう傾向があります。

 

携帯電話の番号を変え、もしくは捨てて、そのまま誰とも知人と喋らないようにするような人もいます。

 

誰とも喋らず、ひたすらにひきこもってしまうのです。

 

そうした生活を望む以上、音信不通になってしまうのは仕方がないともいえます。

 

うつ病は自殺にも直結する病気です。自分の命を守るために人との関わりを遮断するというのが、音信不通の理由となります。

 

彼氏がうつ病の場合

彼氏がうつ病になってしまった場合、音信不通のままでは嫌だと思う限り、粘り強く説得する事が大切です。

 

うつ病になると全てが嫌になります。死にたくなりますし、人と関わる余裕もなくなってきます。人間関係のもつれなんてものを起こしたら、そのまま自殺してしまうような精神に追い込まれてしまいます。

 

そのため、慎重に事は進めるべきです。

 

そして、うつ病を理解する事をまず前面に出し、うつ病のままの彼氏でも受け入れるという事を深く説得するべきです。

 

うつ病は日本が向き合うべき大きな病です。その病が理由で音信不通になってしまうのは仕方がないのかもしれませんが、やはり迷惑なものです。

スポンサーリンク