友達と音信不通になる理由

友達と音信不通になる理由

友達と音信不通になる理由について

仲良しの友達から、なかなか連絡がない・・・という経験をしたことはありますか?こっちから連絡をしても、全く返信がないということがずっと続くと、友達相手でも流石に不安になってしまいますよね。

 

ここでは、友達と音信不通になる理由をまとめてみました。

 

とても大変な状況にあるのかも?

友達が何らかの理由で大変な状況にある場合、あなたの連絡に答えられないということもあるでしょう。例えば大病を患って連絡が不可能だったり、精神的に落ち込んでいるのかもしれませんし、仕事が凄く忙しいのかもしれません。彼氏と別れたばかりでふさぎ込んでいるだとか、近親者の方が亡くなったですとか、その理由は沢山考えられます。

 

自分が何か大変な状況にあるとき、特に重要そうな内容でなければ、返信する気力がわかないということは誰にでも起こり得ることです。

 

あなたと連絡を取りたくないのかも?

最後に連絡をしたときの状況を思い出してみて下さい。相手はあなたに対して怒っていたりはしてなかったでしょうか。

 

何か相手を失望させるような発言はしていませんか?

 

例え友達と言えど、人間的に好意を持てなくなってしまったらお別れはやってきます。音信不通という形の結論をお友達が出してしまったのであれば、あなたにはその考えを変えることはできません。

 

ですが、問題の本質がわかれば解決出来る可能性はあります。まだ友達でいたいと思うのなら、音信不通になってしまった原因を自分なりに考えてみましょう。

 

異性の友達の場合はこんなことも・・・

音信不通になったのが異性の友達だった場合は、その友達の恋人があなたとの連絡を禁止しているということも考えられます。束縛をしないタイプの方には信じられないことかもしれませんが、恋人が異性の友達と連絡を取ることを嫌がる人もいるのです。

 

この場合は仕方ありません。そんな人と付き合うのを止めろという権利はあなたにはありませんから、2人の幸せを密かに祈ってあげましょう。

 

他にもこんな理由も

そもそも友達の定義というのは個人差があり、自分は友達だと思っていても相手からしたら友達でもなんでもないただの知り合いだと思っている事もあります。そうした相手には時間を使うのも無駄だと音信不通になってしまう事もあります。

 

そうした様々なきっかけがあり、友達と音信不通になってしまう事もあるのです。

 

卒業を機に

小学校や中学校などの友達は、卒業を機会にそのまま音信不通になってしまうという人も多いはずです。そもそも小学校や中学校などの友達と大人になっても繋がっているという人は余程友達に恵まれた人なのではないでしょうか?

 

やはり、卒業というのは大きなテーマになります。今は携帯電話が発達していますので、小学校や中学校などの友達でも繋がっているという人も多くいますが、昔は卒業とともに絶縁という事も多くありました。また、会う回数が減るという意味では、今も卒業は音信不通の大きな原因になっているのです。

 

それは別に学校だけではありません。職場でもその職場を離れてしまえば、「裏切り者」という印象を与え、そのまま音信不通になってしまう事はよくあります。

 

卒業というのは友達と音信不通になる理由としては最も大きなものなのです。

 

友達と音信不通になる理由は、その他にも、すれ違いなどがあります。
「相手は自分の事を嫌っている」
「自分がいる事で友達に嫌な思いをさせている」
などの事を思い込んでしまって、そのまま離れてしまう事もあります。

 

また、喧嘩別れをしてそのまま音信不通になってしまう事もあります。
そうした様々な困難を乗り越えた先も友達でいてくれる友達が本当の友達といえるのかもしれません。

スポンサーリンク