家族と音信不通になる理由

家族と音信不通になる理由

家族と音信不通になる理由について

家族と音信不通になる場合は、友達や恋人と音信不通になるよりもシリアスな問題がある場合が多いでしょう。

 

そこにはどんな理由があるのでしょうか。ここでは、家族と音信不通になる場合のシチュエーションについて掘り下げていきましょう。

 

家族に嫌われている

残念ながら家族と言えど、相手の嫌がることをし続ければ嫌われてしまいます。ちょっとウマが合わない程度なら音信不通になることもありませんが、相手のトラウマになる程のことをしでかすと、相手から音信不通にされることがあります。

 

よくあるパターンは親が過干渉すぎたり暴力的なために子どもが逃げたり、若しくは子どもの配偶者に辛く当たりすぎて子どもが家族ごと音信不通になってしまったりというパターンです。

 

親が子どものことを嫌いで・・・というのはかなり珍しいパターンではありますが、子どもが親に対して暴力的だったり、親の再婚に猛反対したり、親のお金を使い果たすなどをすると、そういうケースもあるようです。

 

ただし、子どもが親に対して音信不通になる場合に比べ、親が子どもに対し音信不通になる時には、修復の可能性は高いでしょう。

 

親の離婚後関連

親が離婚してしまった場合、その理由によっては音信不通になるでしょう。また、最初は連絡を取っていたとしても、一緒に住んでいない方の親が、新しい家庭を持ったりすると、音信不通になってしまう可能性はあります。

 

離婚理由が余程悪いものでなければ、冠婚葬祭でのお付き合い程度の関係には修復できるかもしれません。

 

失踪した

何らかの理由で家族が失踪してしまった場合、音信不通になるでしょう。その失踪にはさまざまな理由が考えられます。借金がかさんで失踪する方もいますし、何らかの本人の心の問題で失踪してしまう場合もあります。

 

事件性のない失踪ならまだいいのですが、何らかの事件に巻き込まれているということも考えられないわけでもないので、一度警察等で相談してみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク